TAKEZO HOUSE

インテリアデザイナーの酒匂克之氏との共作。
写真家の夫婦と小さな男の子、そして、生まれたばかりの女の子のための住宅である。

開放的で、かつ守られていること。
明るさと静けさ、あたらしさと懐かしさをあわせ持つこと。
小さいけれども、ひろびろとしていること。

素足に触れるクルミのフローリングの素朴な感触。
中心に据えられ、家全体を見渡すキッチン。
高窓から注ぐ南の日差し。
上り下りするだけで心が弾むような階段。
眩しいばかりに白く、広々した屋上。

子供のように素直に「住宅」を見つめ直すこと。
そんな視点を与えてくれた小さな男の子の名前をとり、私たちはこの家を「竹造(たけぞう)の家」と呼ぶことにした。

名称:竹造(たけぞう)の家
施主:個人
所在地:東京都
用途:戸建て住宅
面積:約68m2
竣工:2005年6月
基本・実施設計:丘の上事務所(酒匂克之)、カスヤアーキテクツオフィス(粕谷淳司)
監理:丘の上事務所(酒匂克之)、カスヤアーキテクツオフィス(粕谷淳司)
撮影:高山幸三

Project name: TAKEZO House
Client: Personal
Project site: Tokyo, Japan
Function: Single Family House
Size: appx.68m2
Design: Katsuyuki Sakoh (OKANOUE) + Atsushi Kasuya (KAO)
Supervise: Katsuyuki Sakoh (OKANOUE) + Atsushi Kasuya (KAO)
Photo: Kozo Takayama